織田信長公の戦勝祈願、日置神社へ行ってみた〜2020年OPENのかわいいおにぎりやさんもみつけたよ〜

Uncategorized
日置神社 | 信長が勝利した桶狭間の戦いの前に祈願したとされる神社

基本情報

 ■ 名称    日置神社(ひおきじんじゃ)

 ■ 鎮座地   〒460-0016
         愛知県名古屋市中区橘一丁目3番21号

 ■ 創建    不明(豆知識参照)

 ■ 御祭神   天太玉命(あめのふとだまのみこと)
         品陀和気命(ほむだわけのみこと)
         天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)

 ■ 神使    狛狐・狛犬

 ■ 例祭    10月15日

 ■ 史跡指定  -  

 ■ 現存    椨(たぶ)の木などの御神木
         力石(左側:240kg 右側:180kg)

 ■ 境内社   廣富稲荷社
         大黒恵比寿社
         日置龍神社
         橘社
         津島社 熱田社 秋葉社

どんな神様?

天太玉命(あめのふとだまのみこと)
 天岩戸から天照皇大神を出すための作戦を占った神様です。
 天孫降臨の時には、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に従い地上に降り立ちます。

品陀和気命(ほむだわけのみこと)
 第15代応神天皇と言われ、八幡神である武運の神様です。

天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
 神々が住われる高天原の主神、女神様です。

豆知識

⚫︎1560年織田信長が、今川義元との「桶狭間の戦い」前に戦勝祈願したとされる神社です。
 信長公が戦いに勝利したお礼として、1000本の松を境内に植えたと言われています。残念なことに、1000本松の最後の1本は、1896年(明治2年)に枯れてしまったそうで
す。

⚫︎創建は不明ですが、「延喜式」神名帳(927年)には尾張国愛智郡日置神社と記載されており、少なくともその頃にはあったことが伺えます。

⚫︎織田信長で有名なルーティンと言えば、戦いの前に舞う「敦盛」。
敦盛とは、能や歌舞伎の原型と言われる幸若舞(こうわかまい)のことです。日置神社でも信長は、戦いに行く前に「人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。」と歌い踊ったとされています。

⚫︎一般的に狛犬は、左右ともに狛犬と呼ばれていますが、実は向かって右側は、獅子(口を開けている)で、左側が狛犬(口を閉めている)と言われております。

AUN的おすすめ情報

POINT1 日置神社の周辺には、お城好きな方も足を運ぶ価値ありです。
− 1 − 日置城跡
日置神社から北西に徒歩9分
埋蔵文化財包蔵地となっている日置城跡地があります。樹齢1000年以上の大楠を御神体とした雲龍神社跡地もあり、信長が戦勝祈願したとも伝わっています。
− 2 − 古渡城跡
日置神社から南東へ徒歩6分
真宗大谷派の名古屋別院は、名古屋でも有数の壮大さを誇る寺院です。織田信長の父・信秀により築城された古渡城跡地でもあり、信長が元服した地でもあります。

POINT2 どこを見ても映えるおにぎりやさん
おにぎりやさん(愛知県名古屋市中区橘1-17-28)
週に3日しか営業していないテイクアウト専門のおにぎりやさん。おにぎりはもちろんお茶もとてもオススメです!お店の中はどこを見てもかわいい雰囲気でした☺︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました